アルバイトの人手不足の要因と解決策

最近は景気の回復によって求人が多くなっている中で、アルバイトを雇う事業所が多くなっている状態で、それぞれの事業所において人手不足が深刻になっています。人手不足の要因として考えられる事は少子化の進行で、アルバイトに適している学生などが減っていて人が集まらないためです。景気の回復に伴って、少子化の進行で若年者の働き手が少なくなる事は自然的な現象なので、応募者が少なくなる事としてやむを得ないです。
最近の若年者は、将来の年金などの状況に関して非常に関心を持っていて、不安定な収入になる仕事をしない傾向です。数年前のようにフリーターにならずにきちんと正社員として就職して、安定的な生活を手に入れたがる傾向です。非正規社員などの安定ではない仕事をしないで、正規の社員として働く考えを持っていて、給料の面からも安定的な生活を送るためにアルバイトとして応募する人が減少している事も人手不足の要因です。
景気の良化で全体の労働者の賃金は上昇しましたが、アルバイトを含む非正規社員の給料は殆ど上がらない状態です。円安などの影響もあって、賃金は上がったとしても可処分所得は少なくなっていて、結果的に給料の安定している正社員に人が集まってしまうのです。
人手不足を改善する方法の1つとしては、非正規社員でも生活苦に感じさせないように賃金をアップさせる事です。賃金は上がったとしても、物価高で生活は逆に苦しくなっているからです。雇用した場合には、仕事のキャリアやスキルを見込んで、将来的に正社員として活躍させる場を作って、賃金の大幅にアップするシステムを導入する事が大事です。
多くの事業所で労働者を募集する場合、年齢などを条件として採否を決める事が多いです。景気の回復で人手不足で悩んでいると言っても、面接などで応募者の条件に合わなければ不採用にして雇用しない場合もあります。定年退職をした人などのあらゆる年代層に募集の幅を広げて、あらゆる人を労働者として活躍させる事も人手不足の解消法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ