三十路男の情報商材メッタ斬りレビュー!

30代サラリーマンの約半数が副業をしているか、検討しているというデータがあります。今やネットビジネス、副業は当たり前のものとなりました。そんな副業挑戦者を甘い言葉で誑かす情報商材をメッタ斬りレビューしていきます。

スタッフの作業状況を監視していくには

time 2015/06/25

インターネットを利用していくことにより効率的に作業を進めていくという考え方がネットビジネスに有ります。時間のロスやお金の無駄といったありとあらゆる問題は解決したいですよね。お金を稼ぎたいと思うなら至極まっとうな発想ですよね。

本来なら出張をして取引先の担当者と共に会議を開いて、情報を煮詰めていくことが重要であると考えられていましたが、そのような事もネット会議で済ませるようになってきました。これは、効率を重視したやり方であり、特に出張をして時間を使った状況と結果的には変わらない効果が得られると考えられています。

なので、多くのスタッフが1カ所に集まるような会社の形態ではなく、ネットビジネスの考え方で仕事を運営して行くのも悪くない事だと考えられているのです。

その時にポイントになるのが、スタッフの管理体系です。上司がスタッフの仕事内容をチェックしてより指示が必要となってきますが、遠隔地で作業をしているスタッフに的確な状況確認が難しい事が多いのです。

それは、作業をしている途中のスタッフを上司が見回りするようなことが難しいのです。ネットビジネスなのでそのあたりは作業結果だけで判断するしかなくなります。そうなってくると、人間関係的にも良好な状態を維持するのが難しいのです。

そのようなデメリットも幾つかあるのですが、それよりも移動をしたりする時の時間の使い方や、作業スペースを確保する費用が発生する状況を考慮に入れると、十分にネットビジネスの効果が高いことが分かります。

このような考え方は今後も続く傾向にある為、仕事を下請けにアウトソーシングしたりする会社もより増えていくのです。そうなってくると副業として自宅で作業するようなスタッフも増えてきて、より効率重視な仕事となっていく事が予想されます。

会社の傾向としてはこれで問題ないと考えられますが、後は個人のとらえ方となるのです。会社に在籍して実績を高めておけば将来的にも長期的に雇用してもらえる可能性があります。しかし、ネットビジネスの状態で仕事をすると作業を合理的に割り振ることが可能になるので、人としての価値観が下がる可能性があるのです。”

サイト内検索

サイト管理人

管理人近影

三十路アフィリエイターの悠です。
サラリーマンをしていましたが副業のサイト運営が軌道に乗り2015年3月に退職。2016年8月にアフィリエイトだけで月収50万達成!

しかし、2017年に悪い情報商材にひっかかり貯金の大半が吹き飛ぶ。
自分の無知に猛省し被害者を減らすべく情報商材のレビューサイトに方向転換。