薬事法に注意したアフィリエイトサイトを作る

数年前から、健康食品などのホームページにアフィリエイト広告を掲載するときには、注意事項が増えたのです。いわゆる薬事法に触れている内容を掲載していると、広告の掲載ができなくなるのです。
広告会社とは広告を掲載するという契約を結んでいる状態なのですが、それが解除されてしまうというペナルティーがあります。
なので本当によい商品だと誘導したいのですが、何かの病気に効果があるとか、どのような症状に改善の効果が認められるとか、そのような内容を掲載することは禁止されてしまっているのです。
なので、健康食品などは多くの人が興味がある内容であり、売上げもかなり多いのですが、言葉を選びながら強くアピールできない記事になってしまうのです。これはしょうがない事なので、問題のある言葉は使わないようなサイトにしていくのです。
ただ、薬事法に触れないような正しいサイトを作っていくと、それほど健康食品の良い事がアピールできていないような、いわゆる意識だけを並べたサイトになっていく可能性があります。
そのような情報を見てもアフィリエイトの広告をクリックしてくれるのかが気になるところです。なので、ある程度のルールの中で最も効率のよい方法をいつもさらしていくことになります。
基本的にはアフィリエイトのタグが貼られていることが、訪れるお客さんは分かっている状態になるので、広告タグをクリックしたいと思えるような情報量があるかどうかがポイントになります。
まだまだ探している内容が記載されていないのであれば、現在のページを閉じて新しいサイトを探しに行くはずです。そのあたりのお客さんの動向なども注意しながらアフィリエイトのサイトは運営して行く必要があります。
なので、デリケートな部分の商品を掲載するかどうかはアフィリエイトを続けていく上で大きなポイントになっていきます。そういった意味でやりにくい在宅ワークではありますが諦めるライバルがいれば、その分だけ利益を得る可能性があるので、その分やりがいのある副業になるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ